家庭を優先したいサボリーマンの反抗と犯行

ブラック企業大国の日本で必死の抵抗を試みています。同じ考えの人、いませんか?

手持ちの服を捨てずに活用してミニマリストになる3つの方法

ミニマリストを目指す方はとにかく捨てるところから始めますが、ボクはものを大切にするという観点から、まだ使えるモノを捨てるというのは反対です。

 

服を捨てずにミニマリストになるために、以下の3つの方法を実践しています。

 

1:買わない

まずはこれ。買わない。

手持ちの服を最大限に活用するというコンセプトでやってますので、大前提がこれになります。

服は消耗品です。使用しているうちに磨耗して処分しなければならない時期がきます。そこで初めて捨てます。捨てる前にボロ布として、掃除に使ってから捨てます。

 

2:ベージュのチノパンとブルーデニムを用意する

f:id:oharunba:20170617175533p:plain

トップスとボトムスとの色合わせに頭を悩ませることが多いです。ベージュのチノパンとブルーデニムさえあれば、この問題が解決します。

どんな色の服だろうが、このどちらかに色合わせ可能です。

ブラックやブラウンは春先にはカラーとして重いので却下しました。

 

3:ブラックとブラウンの靴を用意する

汚れが目立たず、どんなボトムスとも色合わせ可能なのが、この2色です。ネイビーも捨て難いのですが。

色合わせの汎用性でいうと、ホワイトやグレーも候補になるのですが、汚れが目立ちやすく長く使えないので却下。

「ひも靴かスリッポンか」ですが、着脱時間のロスを考えるとスリッポンに軍配があがります。

 

買い換えの際のルール

 

1:3つのカラーを中心に購入

ネイビー、ベージュ、グレーを汎用御三家と認定しました。

季節を問わず、この3つのカラーが、もっとも色合わせしやすいカラーです。

 

2:脱ファストファッション

ファストはやめたいと思っています。労働者の人たちが劣悪な条件で働かされています。そんな服を着るのは人としてどうかと思うからです。

 

3:長持ちする服を

汚れ目立たない、丈夫。これを基準に買うことにしました。

そうすると、チェックの襟付きシャツが最強なんですよ。

首元は伸びないし、チェック柄が多少の汚れなら目立たなくしてくれます。

 

究極

 

耐久性という観点でアイテムを見ると、

ボトムスならブルーデニムが圧倒的に1位です。

トップスならチェックシャツです。

靴ならレッドウイングなどのワークブーツ

 

そうすると…

ベタなアメカジが最強という結論になってしまいました。

 

 

 

これだとオシャレの幅が広がらないですよねぇ…。

 

なんぼミニマムとはいえ

服を楽しむということも残したいので

耐久性でデニムに劣るベージュのチノパンをミニマムファッションに入れたいと思います。

 

 

 

 

記事内容が「よかった」場合、下の「ヨイネ」をクリック頂けると嬉しいです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング