家庭を優先したいサボリーマンの反抗と犯行

ブラック企業大国の日本で必死の抵抗を試みています。同じ考えの人、いませんか?

マウンテンバイクのタイヤをスリックタイヤに替えてみて感じたメリットデメリット

マウンテンバイク乗りです。山乗りしたいのですけど、できる山がすご~く限定されてますので、主な使用は通勤。なのでロードバイクへの憧れがありました。細いスリックタイヤで、疾走して通勤したい!通勤時間も短くなるし、風を切って走るのは楽しいだろうなーと。

 

しかし、ロードバイクは10万円以上!会社迄の距離、マウンテンバイクで12分。

この距離でロードバイクが必要かということと、自転車二台も必要あるかということで、ロードバイクは諦めて、マウンテンバイクにスリックタイヤを履かせて、スピードだけを得ようと試みました。

 

やってみた結果わかったメリットデメリットです。

 

メリット

 

速度アップがアップします。タイヤの抵抗もかなり減るのでスイスイ前に進みます。体力の消耗も少ないです。

 

ただし思ってたより伸びませんでした。タイヤ径が小さいせいか、体感にして1.2から1.5倍程度でしょうか。

 

結構残念な結果に終わりました。

 

デメリット

 

路面を気にして運転しなければならないというストレス。

パンクにビビって、ちょっとした段差、凸凹道、排水溝の金属金具まで気にして運転しなければならなくなりました。

マウンテンバイクのスパイクタイヤ時は全く気にならなかった障害物や道が、全てストレス原因に。これには参りました。

マウンテンバイク本来のアクティブな走行が全く出来なくなってしまったのです。

舗装された路面しか走れない、それもいつ現れるかわからない障害物に気を配りながら。

国道やバイパスなどの舗装された直線アスファルトを走るならロードバイクの方がいいでしょうね。

でも、街中の凸凹のある道を走るには、スリックタイヤは不向きでした。

 

あと坂道の下りでも、転倒が怖くてスピードが出せません。細いスリックタイヤは、ちょっとした障害物でも、タイヤがフラついてしまうからです。

スパイクタイヤの時は、全く気にせず下り坂でペダルこいでたんですけど。

 

結論

マウンテンバイクにスリックタイヤをつけるとマウンテンバイクらしさ潰れます。スピードは犠牲にするけど、どんな道も気にせずガンガン走れる、それがマウンテンバイクの魅力です。

 

僕は元のスパイクタイヤに戻しました。

 

f:id:oharunba:20170617174500p:plain

 

記事内容が「よかった」場合、下の「ヨイネ」をクリック頂けると嬉しいです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング