家庭優先可能なイクメン生活を目指して

仕事優先圧力の中で、家庭を優先するために実行していることを記事にしていきます。

いかに「スーツ」という自腹出費に金をかけないか

いいスーツを着ると、仕事のクオリティが上がると考える人もいますが、ボクはそうは思いません。

スーツを着る人間のスキルアップに投資すべきであって、スーツはそのものはお金を生みません。スーツに金をかけても仕方ないのです。いいスーツを着ている人に群がる人もいるとは思いますが、集まってくるのは、所詮そのレベルの人です。

事実、本当のお金持ちは、3万円代のスーツを着ていて、スーツにお金をかけていないというデータもあります。

いかにスーツにお金をかけないかを本気で考えてみました。

f:id:oharunba:20170811140029j:plain

 

たどり着いた結論は「ジャケパン スタイル」です。

 

f:id:oharunba:20170811141606j:plain

 

スーツは安くても10,000円。

パンツが破れたりして壊れると、上のジャケットまで変えなければなりません。

まだ使えるジャケットですが、捨てるしかないというのは、なんとももったいない話。

 

そして、10,000円のスーツは仕立てが悪く、壊れやすいので、結果的に安物買いの銭失いになってしまう確率が非常に高いと判断しました。

 

一方、ジャケパンスタイルはパンツとジャケットが分離しています。

パンツが壊れたら、パンツだけを交換。

ジャケットが壊れたら、ジャケットだけを交換すれば済みます。

なんとも経済的。

 

あとは汚れの目立ちにくく、縫製の良いものを選んで買えば、オッケーです。

超スタンダードですが、ネイビーのジャケットと、グレーのチェック柄のパンツが、最も着まわしやすいです。

ミニマリストにもおすすめ。このセットで通年いけます。寒暖があるので、夏用、冬用が必要になりますが、このセットでスーツ代を可及的に抑えることが可能です。