家庭優先可能なイクメン生活を目指して

仕事優先圧力の中で、家庭を優先するために実行していることを記事にしていきます。

仕事の予定は予測所要時間x3で組むとうまくいく

僕は仕事の予定を組む時には、予測所要時間x3で組んでいます。これが結構うまいこといっているのです。

 

ウチの会社に限ったことかもしれませんが、スケジュールが埋まっているにも関わらず、その日の朝に急な用事を入れられたりします。もし、スケジュールに余裕がないとどうなるか?残業です。鬼残業。下手すりゃ休日出勤。

 

たまにならいいですよ。これ、日常になってたらどうです?はっきり言ってやってられませんよ。しかし、ウチの会社は人のスケジュールを無視した指示命令が日常。

 

僕のとった対策は、仕事の予定は所要予測時間x3で組むというもの。

例えば、どう考えても1時間で終わる仕事でも、3時間かかるかのように、共有のスケジュールに書き込みます。他の人はその仕事が1時間のボリュームであることはわからないので、問題ありません。2時間かかる仕事は6時間かかるかのように、共有のスケジュールに書き込みます。

 

ここまでして、ようやく普通の量の仕事量になります。

他の会社は、ここまでひどくないでしょうけど、たぶん所要時間x1.5やx1.2くらいで、大丈夫なはず。いずれにせよスケジュールには余裕を持っていた方がいいかなと思います。急なクレーム対応、想定外のトラブル、など不測の事態が起こった時に、余裕がないと対応できないですからね。

 

f:id:oharunba:20170620121615j:plain

 

最初は予測所要時間x1.5やx1.2で予定組んでましたが、うちの会社では全然ダメ!結果として、今の3倍計画になってます(苦笑)。

 

時間に余裕がもてると、気持ちも楽になります。切羽詰まった状況で常時やってると、精神がおかしくなってきますから。